お家の顔

開運表札とは

以前、九星気学や家相術が流行となっていた時期に乗じて「風水」という言葉を冠した印鑑業者はじめとして、実に様々な業者が「開運」を名目に表札を販売しています。しかしその業者の多くは表札の歴史についての追究がされていないのは勿論のこと、生物学の研究も波動の研究も天体の研究を十分にしているところはまずないでしょう。表札における吉相と言えば、「一位」の縦型四角の木に、浮き彫り型の文字で縦書きというのが主流ですが、 これでは見た目にも格好がつかないと判断している上記のような業者は、四隅に「開運」の文字を入れたり裏面に仏像や梵字、五芒星や高価そうな水晶を入れたりしています。しかしながら、これらの処置が吉相だという根拠がどこにないのです。安易に「吉相のように見える」ということで無造作に施されている装飾である場合が殆どというのが現状です。仮にこの処置と書き方が吉相ということにしてしまうと、横書きの名前や英文字の表札は全て凶 ということになってしまいます。にも係わらず、これら根拠のない開運表札に様々なパターンの表札を混在させて売る業者がいるのです。 このような業者は往々にして何のポリシーも持たず、ただの金儲け用の品としてしか表札を評価していません。「自分だけが儲かればいい」と考える業者の発想には開運が宿らないばかりでなく、逆に成長因子を減退させる上に退行因子を増殖させ、更には流れを淀ませて梵字や五芒星が異常波を呼び込む恐れがあります。鳥も虫も動物も植物も、本来、地球の生命現象は自己表示ということを行いません。仮に使ったとしても、それは全て生命維持のための技術でしかないのです。しかしながら人間は違います。各自のシンボルとなるものをうち立てるということに人間の人間たる所以があるのではないでしょうか。これは言わば中心性の確立と言えるでしょう。中心となるシンボルをうち立て、波長や波立の違うものが創造力を持って回転運動をする。そうやって次元上昇し、結果的に開運力を上げていくことになるのです。だからこそ、家屋の顔・象徴となる表札には、妥協が許されない、不純が許されない、我のみよしとしった傲慢な思想は許されない、のです。

注目サイト

Last update:2018/12/3